気配りと感謝の念は、賃貸の物件選びや、近所づきあいなど全てを快適にする重要なものです。

不動産ガイド 賃貸契約までの流れ
Navigation
不動産ガイド 賃貸契約までの流れ

気配りと感謝で快適転居

最近の私たちはどうにも人付き合いを敬遠しがち。
不動産会社に、引越し業者。
お金を払って頼んでいるのだからと、横柄な態度になっていないだろうか。
また、引越しのあいさつ回りなどを最近しない人も多い。
私たちは優しくされると、相手にも優しく返したいと考えるもの。
快適な賃貸生活を送るためには、気配りと感謝が決して欠かせない。
ちょっとした事が、人生の潤滑油になるのだ。
転居の始まりは不動産会社。
不動産会社では、きちっとした身なりで真剣に話を聞いていただろうか。
彼らの先には大家がいて、紹介するかどうかをあなたを見て判断している。
印象が悪ければ紹介してもらえないし、紹介してもらえても悪く口添えされてしまう可能性もある。
逆に良い印象を与えておけば、良さそうな人ですよと口添えしてもらえるかもしれない。
引越し業者に労いの声はかけているだろうか。
大切な家財を運んでもらう引越し業者。
お金を払っているとは言え、重労働を肩代わりしてもらっているのだから感謝の念を忘れないようしよう。
可能であればジュースの差し入れなどをすれば、業者の心持ちも変わると言うもの。
丁寧に運んでもらえたり、ちょっとした無理もきいてもらえたりするかもしれない。
あいさつ回りはその後の近所づきあいの大切な儀式。
きっかけと言うのは中々巡ってこないもの。
引越しのあいさつ回りは、隣人と話をする最初の大切なきっかけになる。
こうした積み重ねがご近所トラブル回避の非常に有力な手段なのは間違いない。
大家や、お世話になった不動産会社にも忘れずにありがとうの気持ちを伝えよう。
私たちは常に支えられて生きている。
関わった人は見知らぬ他人ではなく、お世話になった恩人と考えよう。
特にこれから関わっていく隣人や大家とは、仲良くしておいて損は無い。
隣人トラブルの多くは、意志の疎通が不十分でお互いの気持ちがすれ違った結果。
悪くなってからでは手のうちようもない。
最初のうちにお互いを理解しあう事が非常に大切だ。

Copyright (C)2017不動産ガイド 賃貸契約までの流れ.All rights reserved.