賃貸物件を選ぶ際には外してはならない条件があります。失敗しない部屋選びの為にも覚えておくべきでしょう。

不動産ガイド 賃貸契約までの流れ
Navigation
不動産ガイド 賃貸契約までの流れ

優先条件の一般論

物件を決める際には人それぞれで条件が異なるのは当然。
しかし、賃貸初心者などは重要な項目を意外と軽視してしまったりするもの。
掲載情報を見て頭の中で何となく想像して、これくらい何とかなると軽く考えてしまう人も多い。
その後、毎日の現実の中で部屋選びの失敗を後悔してしまう人も多いのだ。
そうならないために、賃貸を利用するに当たっての一般的な優先条件をリストアップしてみよう。
これから挙げる項目については、あまり楽観視しない事が失敗しない部屋選びのコツ。
心して聞いてもらいたい。
家賃は最重要項目。
基本的に収入の三分の一までが家賃の相場と言われている。
18万円の手取りであるならば、6万円程度の物件を選ぶのが妥当という事だ。
あまりに高い家賃の場合は審査が通らない可能性もあるし、何より財布を非常に圧迫する。
交通の便にも配慮。
学校や勤務先など、毎日のアクセス時間は楽観視できない。
目的地まで1日5分の物件と、1日30分の物件では、30日で750分の差ができる。
とてもバカにできるものではない。
部屋の収納。
広さにばかり捕らわれて、収納を疎かにするとダンボールハウスになってしまう。
基本的には、引越しの荷物を収納してまだ少し余るくらいの収容力が望ましい。
部屋の間取り。
日光の存在は意外と重要。
人間の体内リズムは日の光を浴びて、調整されている。
通常気づかないかもしれないが、日当たりの悪い部屋に移って体調を崩してしまう人も少なくない。
日当たりについては決して楽観視してはならない。
階数は防犯面で重要。
できれば2階以上の物件に住むのが理想だ。
1階は防犯の面で非常に脆く、簡単に侵入されてしまう恐れがある。
特に女性の一人暮らしの際は無視できない条件だ。
以上、幾つか挙げたが、これらの事は決して楽観視しない方がよい。
無視して泣いた先人の悪しき鉄を踏まない為にも、先人の失敗に学ぶのが最良と言うものだろう。
賃貸はこれから毎日の生活を共にする現実、しっかりと考えて選びたい。

Copyright (C)2017不動産ガイド 賃貸契約までの流れ.All rights reserved.