引越しは自分で行うか、業者を手配するのは非常に悩むところです。特性をよく理解したうえで適切な選択を行いたいものですか。

不動産ガイド 賃貸契約までの流れ
Navigation
不動産ガイド 賃貸契約までの流れ

自分か業者か悩む引越し

色々と物件を見て回り、ついには審査も通ってめでたく賃貸生活が決まる。
転居が確定したら、まず最初に考えるのが引越しだ。
引越しには二通りの方法がある。
自分で行うか、引越し業者を手配するか。
それぞれのメリット、デメリットについて考えてみよう。
引越し業者のメリットは多い。
プロが確かな技術で引越しをスピーディに展開してくれるので、非常に楽だ。
家屋や家具を傷つける心配は殆どなく、万が一にも引越しによって傷がついた場合の保証などもある。
引越し業者が必要な人員を手配してくれるので、本当に見ているだけ。
最近では引越しする人にあったプランなどがあり、料金なども非常に透明で分かりやすい。
デメリットは費用がかかる事。
単身者の引越しであっても40000円程度の予算は必要になる。
繁忙期などは予約が取れない事もあり、引越し業者の手配で予定が狂ってしまう事もある。
無名な格安業者を選ぶと、保証が十分でなかったり仕事が雑だったりすることも。
特徴を完結にまとめれば、やはり信頼と安全な事だ。
引越しには意図せぬトラブルがつき物ではあるが、業者に任せてしまえば面倒事とは一切関わらないで済む。
その代わりに多額の費用が必要になるのは、仕方が無いといえるだろう。
それに対して自分で引越す場合のメリット。
とにかく安い事が挙げられるだろう。
安いは正義である。
自分の都合で引越しを行う事ができるのも、魅力の一つ。
もっとも、友達などを呼んで手伝ってもらう場合はそうはいかないかもしれないが。
デメリットも非常に大きい。
適切な車を持っていない場合はレンタカーの手配が必要になる。
体力的にも非常に疲れてしまう、休日は完全に疲れて翌日は筋肉痛なんてことにも。
荷物のトラブルは自己責任。
安さと引き換えに、リスクを一手に真に受けることになるのが最大の特徴。
家具を落として壊したり、壁にぶつけて壁が破損したり、色んなトラブルの危険が潜む。
なれない作業で疲れてしまう為、注意力も落ちるので細心の注意を払って行わなければならない。
どちらを選択するかは個人の自由。
だが、それぞれの特性を理解したうえで行動しないと泣きを見る可能性もあるので慎重に。

Copyright (C)2017不動産ガイド 賃貸契約までの流れ.All rights reserved.