キッチンは賃貸において非常に重要な要素の一つです。何故重要なのか、どこをチェックするのかなどを解説しています。

不動産ガイド 賃貸契約までの流れ
Navigation
不動産ガイド 賃貸契約までの流れ

賃貸のキッチン選び

キッチン選びは賃貸において、重要な要素の一つ。
料理をする人もしない人も、キッチンは少なからず利用する事になる。
キッチンの使い勝手はいずれの人も無視できないだろう。
まずは、キッチンのスペースだ。
キッチンには意外と多くのものが必要になる。
電子レンジ、トースター、冷蔵庫、電機ポットなどなど。
特に冷蔵庫は大型のものなので、手持ちのものが収まるのかどうかは要注意。
場合によっては収まりきらずに新調する必要性もある。
コンセントの数も重要。
上記のようにキッチンには沢山の家電が必要になる。
そうなれば、それだけ沢山のコンセントが必要になる。
コンセントは拡張できるとはいえ、たこ足配線は火災のもと。
また、キッチンでは水を使うので水場にコードを持ってくるのはショートする原因になる。
よって、コンセントの数は非常に重要だ。
コンロの数は料理人の命。
料理をしない人であれば、一つのコンロで足りるかもしれない。
だが、料理をする人にとってはコンロが一つだけでは大変だ。
一品ずつしか料理ができず、複数の料理を同時に作る事はできなくなってしまう。
最低でも二つ、欲を言えば三つは欲しいところ。
最近では電機式のIHも増えており、どちらが良いかは好みがわかれるところ。
シンクの広さと、深さは意外な盲点。
狭くて、浅いシンクで洗い物をするとどうなるか。
水は飛び散り、掃除が非常に大変になる。
水が飛ばないように注意して洗うと、それそれでストレスになる。
一度につけ置きできる量も少なくなるので、非常に不便だ。
また、シンクの高さも重要で、合わないシンクで作業をすると腰痛の原因になる。
細かい事を言えば、シンクの水の流れ方もみたい。
すぐに詰まってしまうようでは、この先苦労する事になるのは間違いない。
パッキンの具合も見ておきたい、水漏れするようならば要交換である。
このように列挙してみると、意外と心配になってくるのでは無いだろうか。
キッチンは狭いながらも、生活の要になる部分の一つ。
出来る限りこだわりたいものだ。

Copyright (C)2017不動産ガイド 賃貸契約までの流れ.All rights reserved.